絵画コンクール受賞作品

「絵画コンクール」受賞者

離島フェア2021絵画コンクール表彰式

受賞者市町村にて表彰状授与実施(渡嘉敷村/石垣市)

最優秀賞
渡嘉敷村立渡嘉敷小学校1年生
坂田 穂乃花(さかた ほのか)さん
(左から2番目)

優秀賞
渡嘉敷村立渡嘉敷小学校1年生
嶋岡 さくら(しまおか さくら)さん
(左から1番目)

優秀賞
渡嘉敷村立渡嘉敷小学校5年生
尾崎 華南(おざき はな)さん
(右から3番目)

優秀賞
石垣市立崎枝中学校2年生
立津 晴歌(たてつ はるか)さん

【最優秀賞】

「ゆめのビーチ」
坂田 穂乃花(さかた ほのか)さん
渡嘉敷村立渡嘉敷小学校1年生 

ビーチをかめのこうらに描きました。かめだけではなく、渡嘉敷島で見ることができる生き物を描きたかったので、かめのこうらの中にえがいてみました。たいへんだったところは、周りの海とかめのこうらの中の海の色をかえたところです。同じ色だと分かりにくいと思ったので、違う色になるように頑張りました。

 

【優秀賞】

「うみとかめ」
嶋岡 さくら(しまおか さくら)さん
渡嘉敷村立渡嘉敷小学校1年生 

渡嘉敷島の阿波連の海でかめをみたところを絵にしました。くふうしたところは、かめの頭を絵の具で、点々しながらぬったところです。たいへんだったことは、かめのもようをかくことと、小さい魚をかくことです。

 

「私たちが見る沖縄の海」
立津 晴歌(たてつ はるか)さん
石垣市立崎枝中学校2年生 

私は、沖縄のとてもきれいな海を想像してこの作品を仕上げました。この絵を描いていて、工夫したところはウミガメが上の光に向かうようにしたところです。また、海の中なので、上から下に向かって海の青の色を濃くぬるところを意識しました。大変だったところは、ウミガメの模ようをかくところです。とてもこまかい柄だったので、時間がかかりました。これから先も、とてもきれいな沖縄の海が続くようにと心をこめて、この絵を描きました。

 

「私の大好きな海」
尾崎 華南(おざき はな)さん
渡嘉敷村立渡嘉敷小学校5年生 

海に光を入れて明るくしました。クレヨンを入れてめだたせた。

 

【奨励賞(小学生の部)】

「クワガタとり」
知念 慶希(ちねん よしき)さん
伊江村立西小学校3年生 

ヘッドライトで照らされたクワガタに光が当たっているように色使いを考えてぬるのを頑張りました。

坂田 蓮華(さかた かれん)さん
渡嘉敷村立渡嘉敷小学校5年生 

海に光が入っている所を書きました。クジラの色と海の色がかぶらないように工夫しました。

 

「私だけの海」
佐藤 桜(さとう さくら)さん
久米島町立比屋定小学校6年生 

私が工夫したところは、色を重ねてぬったところです。また、キャップであわをつくって海っぽく仕上げました。そして、光をだすために黄色でぬったのも工夫しました。

 

「のこしたいきれいな海」
粟國愛翔(あぐに あいと)さん
宮古島市立南小学校3年生 

海がよごれて、魚がいなくなって、泳げなくなるからよごれないでほしいと思いながらかきました。くふうした所は、砂の中にポケモンの名前を書いたのを、絵の中にも書いた所です。むずかしかった所は、絵の具をまぜて海の色と砂の色を作った所です。

 

「ウシオーラセー」
仲野心美(なかの ここみ)さん
石垣市立川平小学校3年生 

うしのめと、つのをちからつよくかきました。おかあさんとここみとゆいとのかをくふうしてかきました。うしのからだをめっちゃおおきくかいて、けをこまかくかきました。

 

【奨励賞(中学校の部)】

「夕日と船」
菊池 由海(きくち ゆうと)さん
南大東村立南大東中学校1年生 

・夕日の光を濃くしていくのが難しかった。
・太陽が水面に映っているところが難しかった。
・地面を表現するのに3つの色を使った。

 

「ふるさとの海」
内間 莉麗(うちま まりれい)さん
久米島町立西中学校3年生 

近くのものと遠くのものとで色を変える工夫をしました。波打ち際を描くのが難しかったです。白浪や雲は、他の色と交ざることのないようにしたかったのでマスキングテープをはって、表現しました。また、日常感を出したかったので、いつもこの場所を通る船を描きました。

 

「色とりどりの海」
立津 桃瑚(たてつ ももこ)さん
石垣市立崎枝中学校1年生 

わたしがこの絵をかいて大変だったところは、マンタの色を上と下で変えたところです。また、工夫したよころは、ななめから光があたっているようにしたので、イルカやサンゴにかげをつけるところを工夫しました。また、今のきれいな海がいつまでも残ってほしいと思いをこめてこの絵をかきました。海にはたくさんの色があるので、それを表現するためにたくさんの色を使いました。

 

「ゴリラ岩」
当山 陽向(とうやま ひなた)さん
竹富町立船浦中学校2年生 

ゴリラ岩の凹凸の部分を表すために、茶色に黒をたしたりうすくしたりしてデコボコの感じにすることを工夫しました。海の遠近を見せるために、奥の方を暗い色で近くになるにつれて薄くしました。

 

「渡嘉敷の自然」
多宇 健人(たう けんと)さん
渡嘉敷村立渡嘉敷中学校1年生 

まず始めにこの絵で工夫したところは、空、雲、海、飛沫のこの4っを工夫しました。
・空は、下から上にだんだん色が青に近づいていくようにしたことと上からチョークで色をうすめています。
・海は、おくに行けば行くほど水深が深いので青をこくし手前は、みず色にしてグラデーションをかけました。
・飛沫は、細かい所までしゅきありかき自分が絵で表せる海の飛沫を描きました。
たいへんだったのは、色をぬったり描いたりするのもそうですが自分は昔は絵が下手でいじめられるほどでした。渡嘉敷に転校してきてからは、みんなが自分の絵をほめてくれました。だからそんな渡嘉敷の風景をきれいに描くためにも昔の自分を変えるためにも今年の4月から絵を練習して前の自分では描けない今の自分だからこそ描ける絵です。